新宿ビューティークリニック

無料カウンセリング予約

若返らせたい

上眼瞼たるみ取り

目の上のたるみが多くなると目が小さく見え、二重の幅も狭くなります。また視野が狭くなるため、目が疲れやすくなる原因にもなります。
上眼瞼たるみ取りは、眉下の余分な皮膚を取り除くことにより、以前のようなスッキリとした二重を取り戻し、若々しい印象の目元にすることができます。
また、その方の状態に合わせて、必要な場合は余分な脂肪も丁寧に取り除きますので、効果の持続性が高く、キレイに仕上がります。

従来の上眼瞼たるみ取り手術は全切開法といって重瞼線の直上で皮膚を切除するため、皮膚を切除すればするほど、眼瞼の下の方の薄い皮膚が切り取られ、上のほうの厚い皮膚が残るため、できた重瞼線は厚ぼったくなってしまいます。
また、元々ある重瞼線を破壊して新たな重瞼線を作るために、不自然な、くっきりし過ぎた二重になります。
新宿ビューティークリニックでは眉毛の直ぐ下の厚い皮膚を切除しますので、重瞼線が厚ぼったくなる心配はありません。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、眼瞼挙筋と呼ばれるまぶたを持ち上げる筋肉が年齢とともに弱まることで、充分に目が開かない状態のことです。額にしわを寄せたり眉を上げたりして目を開こうとするので、額や眉間にしわができやすくなり、目つきは悪く無愛想に見られがちです。 また、症状が進むと、偏頭痛や肩凝り、眼精疲労をなどにもつながります。

特殊な器具を使用し、何通りか仮のラインを実際にまぶたに作り、幅を確認します。事前に二重のイメージを把握することができるので、ご希望の二重まぶたに近づけることができます。

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂は、先天性のものと後天性の2種類があります。

先天性眼瞼下垂

先天的に眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)の機能がない場合や、弱っている状態です。片目のみに起こる場合が多く、下垂の度合いも軽度から強度までさまざまです。眼球運動障害など、眼瞼下垂以外の症状を伴わない場合が大半です。

後天性眼瞼下垂

加齢とともに筋肉が弛緩し伸びてしまうために、まぶたを充分に開くことができなくなる状態です。動眼神経麻痺など神経や筋の疾患によるものが多く、近年、老人性目瞼下垂の割合が増加しています。また、コンタクトレンズの長時間装用やパソコン、TVゲームなどによる眼の酷使によって起こるケースも増えてきています。

このような方にオススメです

上眼瞼たるみ取り

  • すっきりした二重を取り戻したい。
  • 若々しい印象の目元にしたい。
  • 目が小さく見られるようになった。
  • 目が疲れやすくなってきた。

眼瞼下垂

  • 黒目を大きく見せたい。
  • 目つきが悪く見られる。
  • 眠そうな目をパッチリとさせたい。
  • まぶたが窪んで老けた印象を与える。
  • 加齢によってまぶたがたるみ、視野が狭くなってきた。
  • 長時間にわたるコンタクトレンズの装着によって、まぶたが開きにくくなった。

症例写真

上眼瞼たるみ取り

眼瞼下垂

ワンポイントチェック

上眼瞼たるみ取り

腫れ 7~10日
所要時間 2〜3時間

眼瞼下垂

腫れ 2週間
所要時間 2〜3時間

施術料金

診療名 料金
上眼瞼たるみ取り 315,000円
眼瞼下垂 両目 398,000円
  • 無料メール相談はコチラ
  • 無料カウンセリング予約はコチラ
CONTACT 新宿院 東京都渋谷区代々木2-10-1 新宿サンセイビル6F 0120-437-990

※電話番号をタップすると直接お電話することができます。

Page Top
  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • お問い合わせ
  • MENU